スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
魔王 最終回
国立の余韻がやっと冷めつつあります。
そんな中、火をまた発火させてしまう・・・
もう、霊安室のシーンだけで
すでに号泣のいさなでございます。


さて、国立の第2ラウンドの前に一言だけ。

大野さん・・・

魔王最終回で

私たちは大野智にキュン

視聴者は大野智ることになったでしょうね。




あなたの演技に涙しました。


とわ言え、
後ろ髪をいじる癖にいつもキュン死です。
あの、うるうるの瞳にトロットロの笑顔。
好きにならない理由が無い。

そうですよね、神様。


スポンサーサイト
2008-09-13 08:23 | いさなの小話 | Comment(3) | Trackback(0)
国立2日目①:夢の国は日本に2つある
やばい・・・
こうしてブログを書くために
国立を思い出すだけで涙が流れてきます。
あれを単にコンサート?ライブ?と
呼んでしまっていいものかと悩むいさなでございます。

さてはて嵐さん、今まで戦線離脱しててごめんね。
PCの調子が悪いことをいいことにサボって(爆)
でも今日ばかりは語らずにはいられない。
が、しかし言葉に出来ないくらいイイ!!

わたくしの目、耳から感じ取った
個人的な意見と感想と状況のみ書いております。
(※曲の細かい感想はありませんのであしからず)



嵐さん達からの夢の国行き切符はアリーナだったんですが
ねーさん、7万人って想像がつかず・・・
どうせ、埋もれるだろーってすねてたんですよ。
「埋もれるって、おい。甘いな、ニヤ」(by潤)
そう・・・だよねー、だよねー(汗)
そしたら・・・
『ウォッオ、ウォッオ~。イエェーイ、エイイェー』って
ど真ん中で目の前に現れる黄色い蛍光×黒の五つの光。
近すぎて鳥肌。
現実を受け止められず硬直。
ねーさん、パニックですよ。パ・ニッ・ク!!
オタオタオタ・・・ワラワラワラ・・・。
かっこいい、かっこよすぎる。
素敵過ぎてムカついてきた(爆)
ラブソーの遺伝ダンが投投投げキッスー。
うぅぅーん飛んできたキッスハート、
キャッチしちゃいましたから(爆)
もちろん、いきなり泣きました。


相葉さんのソロで
髪の毛くしゃってするところ
片足を上げつつリズムを取ってる感じ
可憐な可愛さの振りを
肉眼で映像をアイコピーですよ。
ハーモニカの旋律が
相葉さんの凛々しい男前と絡み合って
もう首ったけです。はぁー(悶絶)


”素晴らしき世界”からの”とまどいながら”
ねーさんにできることは泣くこと(涙)
大野さんの声が信じられないくらい甘い。
いつも聞いていたCDより切ない。
競技場内に響き渡る伸びやかな声
うぅーん、スウィ~ト。
あぁーん、うっとり。
Yabai、大野智に惚れる。

改めて、いい歌多いなー。嵐さん

この曲を選曲した嵐さんたちの気持ちを
思い描くと・・・ぐはっ、バタ。
そしてまさかの”Still”
ねーさん一回死んだね。すぐ蘇るけど(笑)
センター担当の櫻井さんはタワーの上で熱唱。
5、6㍍ぐらいない?あの高さ。
立ち姿にも気品がぁ~でも、見てくれないんだよね。
下怖いから(爆)
ねーさんも思わず『だいじょーぶ?』って
「オイ!(笑)それ掛け声かよぉ~。」(by翔)
怖かったくせに、うふふ。
そしたら、乗ってる台をユラユラ。
もう強がっちゃってぇ。本気で心配しちゃうよ。

「Lucky Man」の振り付けで
長い足を思う存分クロスさせる相葉さんに釘付け。
あのスタイルの良さに
ねーさんすこぶるテンション上がります↑↑↑
ソロダンスでのバック宙成功!した後の
二宮さんと松本さんのハイタッチ。
嵐さん達が顔を会わせた時って、
いい表情するんだよねぇ~。
もうデレデレ、口元緩みっぱなし。

ごめんなさい。
実はガシガシ踊る大野さん希望だったから
“Take me far away”って聴いた時、
ちょっとテンション↓↓↓でも。
しなやか過ぎる動き、静と動のキレ。
思わずこぼれる吐息よりも軽い大野さんのステップ
素敵過ぎて出たねーさんの
吐息交じりのため息の方がよっぽどおもいわぁ(爆)


ねーさん、あなたの策略だけには
用心してたのに・・・・そう、二宮さん。
やけどしちゃったよ。火事だね、火事。
ピアノ+汗+めがね=虹
ねーさんの瞳からこぼれる涙でようやく鎮火。
またまたまた泣かされましたよ。
もう、今日の一日で何回嵐さん達に泣かされてしまうの?
あのアンニュイナ歌詞を歌わせたら、
とろけるねぇ~。
二宮さんの声ってね、
高くって柔らかいけど男声なのよね。
ってこれはうちの母意見ですが。
何だか分かる気がした、秋の空。



夢の国って
ディズニーランド
しかないって思ってましたが・・・


ノリノリなのにセクシーMAXの松本さんに

カワイイさの中に男前が見え隠れする相葉さんに

カッコイイのにお手振りまで気品のある櫻井さんに

愛らしさとフェロモンが織り交じる二宮さんに

優しさが声に笑顔に溢れ出す大野さんに

感謝、感動、感激です。






書いても書いても書き足りないことにやっと気付きました(爆)
ひとまず、ここで休憩。
第2ラウンドも頑張るぞー!!

2008-09-09 03:09 | | Comment(7) | Trackback(0)
09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。